2017年12月19日

定休日

今日は定休日の為、お休みでございます。
ご了承下さいませ。
posted by ギャラリートミヤ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月18日

トミヤ情報局:アシスト設計レンズとは

★新機能!高性能!新発想!『アシスト設計レンズ

10代・30代からの新機能!疲れ眼をサポートする新機能レンズ
遠近両用の一歩手前のレンズ。近くを見る時に使う眼の力をサポート!



このような方に
●眼精疲労を感じている方。
●手元が見にくく感じてきた方。
●遠近両用累進レンズのユレ・歪みが気になって使えなかった
  方の始めの一歩として。

アシスト設計レンズのポイント
●遠くの見え方を落とさずに、パソコン作業、近方視が楽になります。
 → 近くを見るときのサポート機能
●遠近両用のようなユレや歪みはほとんどありません。
 → 慣れやすいレンズです。遠近両用レンズの一歩手前として!
●近く・パソコンモニターを見るための専用レンズではありません。日常用メガネです。
 → 近くが見えない方は遠近両用(遠くも近くも見えることを目的としたレンズ)を!

今までのメガネと違和感なく使えるサプリメントレンズ
手元が『楽に』感じるようになります。
posted by ギャラリートミヤ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | メガネ

2017年12月17日

トミヤ情報局:遠近両用累進レンズとは

★『遠近両用累進レンズ』
遠くから近くまで境目がなく見えるレンズ、1本で全ての距離を見ることができる。
遠方がはっきりと見えて、近くも見ることが出来るレンズ
長所:*遠くから近くまで境目なしで見える。
   *メガネを掛け替える必要がない。
短所:*中間部分(パソコン)・近くの視野が狭く、
    歪みを感じる。

     

   
レンズの中央付近(上半分位)で、遠方を見ます。
近方はレンズの下部分で見ます。
遠方度数部分から近方度数部分にかけて、徐々に度数が変化する
ため、間の部分では、中間距離が見やすい度数になっています。
1本で遠くから近くまで対応できますが、その他の
レンズと使い分けすることで、より快適に見ること
ができます。
◎最新レンズはなにが違う?

 
遠近両用レンズはハイテク工業製品
同じメーカーの製品でも、10年前に開発した製品と、最新設計の
製品とでは性能に違いがあります。

 
 

最新レンズは、何が違うの?
*遠近の弱点である、ユレ・歪みを改善して、快適な視野が広がります。
*各メーカーは最新の光学技術を駆使してより良いレンズを開発しています。
posted by ギャラリートミヤ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | メガネ

2017年12月16日

トミヤ情報局:中近レンスとは

室内専用『中近レンズ』(内専用老眼鏡
お手元の本から少し離れた中間距離まで、遠くが見える老眼鏡
遠近両用レンズの欠点である中間(パソコン)・近用の視野が
広くゆがみが少ないレンズ

長所:*室内仕事や家事を快適に出来る。
   *2〜3m位まで見える。
   *近用部分は遠近に比べて広い。
   *ユガミが少ない。

短所:*遠くは見えない。
   *外・運転・階段での使用は出来ない。
   *縦幅の大きなフレーム(33mm以上推奨)に対応

       


   
3メートル位の離れたところを見る場合には、上目使い
で見て下さい。
手を伸ばした距離位を見る場合にはレンズの中央を使い
ます。
近方を見る場合には視線を下げ、レンズの下部で見て
下さい。 

このような方へおすすめです!
●室内のみでメガネを使用する方。
●食事をしながらテレビを見たい。
●接客しながら伝票を書く。
●会議中の書類から、ホワイトボードを見たい。
●パソコンをされる方。
●調理

屋外では遠近両用。室内では中近レンズ。
posted by ギャラリートミヤ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | メガネ

2017年12月15日

トミヤ情報局:近近ワイドレンズとは

★デスクワーク専用『近近ワイドレンズ』(室内専用老眼鏡)
お手元の本から少し離れたパソコン画面まで、奥行きのある老眼鏡

長所:*お手元の本から、パソコン画面まで見える。
   *奥行きの距離に応じた3タイプ。
   *ユガミが少ない。

短所:*遠くは見えない。
   *室内は見渡せない。
   *見える奥行きに限度がある。
  
      近近ワイドレンズ 


『選ぶタイプによって見える距離(奥行き)が変わります』
T(逆加入-1.00D)・U(逆加入-1.50D)・V(逆加入-2.00D)の3タイプ

  

T.ワイドに広いタイプ(逆加入-1.00D)。
手元がワイド(見える横幅が広い)で、
少し奥行き(見える距離)があるタイプ。
新聞を広げて読みたい方や、パソコン画面までの距離が
近い方。

U.少し奥行きのあるタイプ(逆加入-1.50D)。
パソコン画面ぐらいまでの距離が見える老眼鏡。
@のタイプより、見える横幅は少し狭くなりますが、奥行きがでます。
パソコン作業などデスクワークにに最適。ピアノの楽譜を見る方にも!
V.奥行き重視タイプ(逆加入-2.00D)。
少し離れたところまで見える老眼鏡。
デスク周りの少し離れたところも見る必要がある方へ。
見える横幅は@Aのタイプに比べて狭くなります。
※見える距離(奥行き)は、近用度数の設定によっても変化します。
posted by ギャラリートミヤ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | メガネ