2017年05月31日

トミヤ情報局:中近レンズとは

室内専用『中近レンズ』(内専用老眼鏡
お手元の本から少し離れた中間距離まで、遠くが見える老眼鏡
遠近両用レンズの欠点である中間(パソコン)・近用の視野が
広くゆがみが少ないレンズ

長所:*室内仕事や家事を快適に出来る。
   *2〜3m位まで見える。
   *近用部分は遠近に比べて広い。
   *ユガミが少ない。

短所:*遠くは見えない。
   *外・運転・階段での使用は出来ない。
   *縦幅の大きなフレーム(33mm以上推奨)に対応

       


   
3メートル位の離れたところを見る場合には、上目使い
で見て下さい。
手を伸ばした距離位を見る場合にはレンズの中央を使い
ます。
近方を見る場合には視線を下げ、レンズの下部で見て
下さい。 

このような方へおすすめです!
●室内のみでメガネを使用する方。
●食事をしながらテレビを見たい。
●接客しながら伝票を書く。
●会議中の書類から、ホワイトボードを見たい。
●パソコンをされる方。
●調理

屋外では遠近両用。室内では中近レンズ。
posted by ギャラリートミヤ at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | メガネ